■プロフィール

優西

Author:優西
20代♂ 学生

東京の片隅で大学生奔走中。

東アジアが大好きで
そっちのほうによく旅行します

現在台湾の大学に留学中(2010.09-)
日々考えてることとか書きます!

何かありましたらコメント欄に
残していただければ幸いです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■読書カレンダー本棚
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
10アール当たり1・5万円前後 コメ所得補償 農水省が最終調整
 
農林水産省は15日、2010年度にモデル事業としてコメに限って先行実施する戸別所得補償制度について、農家に支払う補償額の定額分を水田10アール当たり1万5000円前後とする方向で財務省と最終調整に入った。

 補償の対象となる全国平均の生産費と販売価格の差額はここ数年、10アール当たり1万4000円以下で推移しているが、四国など生産コストの高い地域では平均額の支給では赤字になることに配慮し、全体の補償額を高めに設定した。

 コメの戸別所得補償は毎年の米価にかかわらず支払われる定額部分と、想定以上に米価が下落した際に上乗せする変動部分の2階建てになっている。

 農水省は10年度の概算要求でコメの戸別所得補償の必要額として3371億円を要求。想定している交付対象面積は132万ヘクタールで、定額分を10アール当たり1万5000円とした場合、必要な予算は2000億円程度となる見通し。今後は、変動部分の予算をどれだけ確保できるかが焦点となる。

----------------------------------------------------------
食料自給率41%を名目にしたお金の使いかた。




スポンサーサイト
環境 | 02:13:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
食料廃棄物の問題。
http://www.kankyo-business.jp/magazine/article_0810.html


え、これってコンビニが弁当販売しなければそれですべて済むのでは?
見込み廃棄量を考慮しても利益が出るように価格設定している時点で話がおかしい。フローを見れていない。

あんなにコンビニ多いのに、あれだけ多くの弁当をだれが買うのか。
ほか弁があるじゃあないか。
コンビニはいろいろと手を出し過ぎた。便利はいいがそれはまた狂でもある。

とか言ってるけど実際に帰るのは難しいだろうから・・・
セカンドベストで何が考えられるかといくと、どうなんでしょう?
やはりセブンみたいに値段を下げたほうがいいのではというのが、自分の率直な意見ですが。


環境 | 10:47:10 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。