■プロフィール

優西

Author:優西
20代♂ 学生

東京の片隅で大学生奔走中。

東アジアが大好きで
そっちのほうによく旅行します

現在台湾の大学に留学中(2010.09-)
日々考えてることとか書きます!

何かありましたらコメント欄に
残していただければ幸いです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■読書カレンダー本棚
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
韓国併合に関するあれこれ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0511&f=politics_0511_005.shtml

日韓知識人が共同宣言「日韓併合は当初から無効だった」
Y!【政治ニュース】 【この記事に対するコメント】 2010/05/11(火) 18:11
  2010年8月22日をもって「韓国併合二関スル条約」の締結は100周年目を迎える。日韓併合100年を迎え、日韓両国の知識人らが10日、東京とソウルで、日韓併合条約は当初から不当なものであったとする共同声明を発表した。韓国メディアは続々とこのニュースを伝えているが、日本ではほとんど取り上げられていない。

  声明では、「併合は大韓帝国の抗議を軍事力で押さえつけたもので、韓国側が国権の譲与を申し出たとする内容も虚偽(きょぎ)である」と指摘し、日本政府が日韓併合条約について「無効」であることを認め、8月の総理談話に関連内容を盛り込むように、積極的に働き掛けるとしている。
  
  今回の声明には発起人である和田春樹東京大学名誉教授をはじめ、日韓歴史共同研究委員会の日本側の座長を務めた三谷太一郎東京大学名誉教授など105人が声明に署名している。一方、韓国ではイ・テジンソウル大学明楊教授やカン・マンギル高麗大学名誉教授、詩人の高銀氏や金芝河氏のほか、幅広い層から109人が声明に署名した。

  韓国メディアは、この共同声明について「前例のない、両国知識人による宣言で、世界史的にも意味のある試み」と高く評価。そして、東京大学の和田春樹名誉教授とのインタビューなどを紹介し、日韓併合100年を迎え日本の責任論を論じる日本の知識人に認識の変化がみられたと伝える。

  また、多くの韓国メディアは「日韓併合条約は無効」とする日韓両国の知識人による声明発表は今回が初めてとなる試みで、日本で大きな波紋が予想されると報じている。しかし、日本のメディアはほとんど扱っておらず、このような日本の動向について「日韓関係の新たな出発点となる今回の共同宣言について、日本側が依然として負担に感じると解釈できる」と分析している。(編集担当:金志秀)

----------------------------------------

読書リレー第①週でも取り上げましたが、今年2010年は日韓併合100周年なんですよね。
100年も前の出来事なのに、こうして歴史学者が全身全霊を込めてその解釈にいそしむ問題が
つまりは韓国併合なわけで…。

日本では、そうした旧植民地に関する歴史認識に欠けた人たちが、
公の場で、軽々しく「韓国併合は韓国の同意によるもの」だとか
「韓国併合は合法的だ!だから何も謝らなくて良い」とかいう発言をする阿呆な政治家がよくいます。
そういう人たちがいる限り、対話はできないんだろうな~と思っていましたが、
今日こんなニュースがあったことは非常に驚きました。


一つこれに関して、僕の知っている限りで話をしましょう。
韓国併合には、合法的行為か違法的行為かという議論があるそうです。

日露戦争から韓国併合までの歴史を、
いわゆる日本が韓国の利権を簒奪するプロセスで描かれるのはよくあることですが、
しかし韓国併合に関してはその解釈によって大きく分かれてしまいます。
合法なら、すなわち日本の行いが非常に理にかなっていたことを裏付けるものであり、
逆に違法なら、日本の帝国そのものが罪として描かれる、ということにつながります。

結論から言ってしまえば、韓国併合は「合法的」だったそうです。
史料からも、きちんと当時の国際法に基づいて、正しい手続きのもとで行われたのだといいます。
しかしこれだけでは語弊があります。むしろ誤解を生みます。
なぜなら、その法律というものが、果たしてどの国にも中立的なものだったのか?
という疑問が浮かび上がってくるからです。

日本は1800年代後半から、積極的に西洋の近代法制度を取り入れていきました。
そこには当然、今のような国内法と国際法、そして私法と公法などがありました。
ただ、ここで考えてもらいたいのが
もともと韓国をはじめとする諸国家(まだ厳密に国家と言えないのかもしれません)には、
そこでの旧慣、慣習はあるかもしれませんが、
そうした近代的「法律」というものは存在しませんでした。
それゆえに、近代的な法律が、まるで地図に色を塗るように施されていったのです。

そうやって考えた際に、じゃあその法律が中立的なものだったと言えるでしょうか?
日本はもしかしたら、法律という勝手な正義を振りかざして、
韓国に不当に併合を迫った、という見方もできます。

こうした考えは、海野福寿が主張している「合法的不当論」と同じです。
つまり法律的には理にかなっているが、それはそもそも不当だ、というもの。


ただ思うに、日本人としては
こうした細かい点に血眼になって自慰的な歴史史観を築くことよりも、
正しい知識のもとで反省の姿勢で向かった方がいいと思います。

色々な人の話を聞く限りでは、
今の韓国人・中国人は、過去の事実そのものに怒っているんじゃなくて、
その事実から目をそむけようとする、
過去を忘れてしまっている日本人の態度に怒っているんだと思うので…


ちょっぴり話題が重くなってしまいましたが、
結構自分の中では興味深い、かつタイムリーなニュースだったので、
ちょっと自分なりに がっついてみました。



スポンサーサイト
政治 | 01:36:22 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。