■プロフィール

優西

Author:優西
20代♂ 学生

東京の片隅で大学生奔走中。

東アジアが大好きで
そっちのほうによく旅行します

現在台湾の大学に留学中(2010.09-)
日々考えてることとか書きます!

何かありましたらコメント欄に
残していただければ幸いです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■読書カレンダー本棚
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気ままに読書リレー⑭
財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)
(2009/05/13)
國貞 克則

商品詳細を見る


さあさあ、「気ままに」続いています(笑)

今回は前々回に続いて、割とまじめなビジネスの本。
企業の活動を見る上で欠かせないのが財務諸表。
それをどのように分析したらいいのか。
ビジネス書ということで、本当に分かりやすくわかりやすく書いています。
なのでベッドに横になっても理解できます(笑)

ただ、入門書なので、
そんな専門的な事が書いているわけではありません。まあ当たり前ですが…

これが面白いなと思ったのは、
財務諸表という数値をグラフに図式化して、視覚的に理解していこうとするところ。
項目の数値だけを見てもぱっとしない状態ですが、
それの大きさや規模を比較する際には、もう図式化した方が早く捉えることができる。
そうしたアイディアを提供してくれた点ではOKです。

後は、分析する企業が結構多いことには驚きました。
数が大事だとも書かれていたので、結構自分で考えながら読むことができました。

ただ、これは財務諸表が分からない人のために書かれた、といっても
ところどころで入門者には説明不足な部分もあります。
僕は個人的に勉強したこともあって
上述のアイディアをもらうために補てん的なものとして読んだので
いきなりこれを読んでタイトルどおり「経営」が分かるわけではありません。
というか、この一冊で「経営」が分かるほど浅いものでもないですからね(笑)
まあ良くあるビジネス書の中の一つです。
が、視覚的に捉える事を提供してくれた点では俺にとっては満足。




スポンサーサイト
気ままに読書 | 18:46:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。