■プロフィール

優西

Author:優西
20代♂ 学生

東京の片隅で大学生奔走中。

東アジアが大好きで
そっちのほうによく旅行します

現在台湾の大学に留学中(2010.09-)
日々考えてることとか書きます!

何かありましたらコメント欄に
残していただければ幸いです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■読書カレンダー本棚
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気ままに読書リレー 第⑳週
本当にゆっくり、ゆっくりやっています、気ままに読書リレーw
このまま、ゆっくりゆっくりやっていくことでしょう(笑)

何せ最近読んでいる本が、がっつりがっつりの学術本ばかりで
ここで紹介しても紹介する意味が半減(=このブログを見て興味を持ってもらえない)なので
できるだけ文庫本サイズのモノを紹介する予定です

ただ、スタンスとしては
読書・音楽から徐々にニュースにシフトしていきたいと思う今日この頃…

ということで、文句を言わずにやっていきませう(笑)

スモール イズ ビューティフル (講談社学術文庫)スモール イズ ビューティフル (講談社学術文庫)
(1986/04/07)
F・アーンスト・シューマッハー

商品詳細を見る


E・F・シューマッハ―というドイツの学者が死ぬ直前に書き上げた名作。
内容としては現在言われているようなエコロジーなのですが
注目すべきは、それが出版された年です。


日本で出版されたのが1986年なのですが、実は翻訳版で、原版ができたのは実は1973年のこと。
実に今から40年前の事なんですね
その時から環境をキーワードに経済学にメスを入れていったのは当時としては画期的なものではないと思います。

こんな古典を引っ張り出して何を言いたいのかといいますと、
実はここで言われている事は現在も議題として解決されていない物が多くあります。
というかほとんどが現代でも議論すべき内容ですw

例えば、農産物の話。
経済学の前提では、農産物もまるで工業品のように
定量的な生産物・供給財として考えられます。

しかし、そうではありませんよね。
野菜には不作の時もあり、その逆もしかりです。
特に近年では天候不良によって、日本で安定供給が脅かされることがいくつかありました。
ただ、そうしたものを、工業品のような、無機質なものとして扱っていいのか
という問題があります。

少し本論から外れてしまいましたが、
彼はよく言われているような「最大=最適」に疑問を提起し
生産の過程で行われる自然資源の搾取を特に取り上げて
様々なトピックから、経済学的な考え方の欠陥を指摘していきます。
現在の「エコロジー」の原点とも言える本でしょう。
問題は進めば進むほど、その最初の論点が曖昧になってしまいます
それを止めるためにも、これは面白いと思います。


--------------------
そうそう、最大が最適ではないというのは
ドラッガーも組織を論じていく中で行っていたことです。
「我々が目指すのは最大ではなく最適である」
身の丈に合ったものがいいんです。(笑)

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
(2001/12/14)
P・F. ドラッカー上田 惇生

商品詳細を見る


スポンサーサイト
気ままに読書 | 23:00:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。