■プロフィール

優西

Author:優西
20代♂ 学生

東京の片隅で大学生奔走中。

東アジアが大好きで
そっちのほうによく旅行します

現在台湾の大学に留学中(2010.09-)
日々考えてることとか書きます!

何かありましたらコメント欄に
残していただければ幸いです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■読書カレンダー本棚
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【映画】JSA
JSA安全地帯
(韓国語では、공동경비구역JSA)




1999年、共同警備区域で朝鮮人民軍の兵士が韓国軍兵士に射殺される事件が発生する。現場目撃者の南北兵士達は「拉致されて脱出した」、「相手が突如襲撃してきた」と正反対の供述を行なう。中立国監視委員会は真相を明らかにするため、韓・朝双方の同意をもとに、スイス軍の法務科将校、ソフィー・ジャン少佐に捜査を依頼する。ソフィーは関係者と面会を繰り返しながら、その真相に迫る。(wikiより)

ちなみにこのyoutubeからの転載は映画のラストの部分です。

韓国と朝鮮の間の何とも言えない独特の雰囲気が、
映画の部分部分からにじみ出るように伝わってきます。


台湾の「非情城市」しかり、この映画しかり、
どうにもこうにもならない問題を映画で取り上げるのは相当な労力がいると思います。
こういうのを見てしまうと、なんか一週間ぐらい鬱な感じになってしまうのであまり見たくはなかったのですが、まあ機会があったので見てみることに。
案の定最悪な気分になってしまいました(笑)

「こんなところに生まれてこなくてよかったわ」とかあまりにも無関心になれない。
「どうすればいいんだろう」と軽い気持ちで勝手に介入できる問題でもない。
まあせめてものこととして、自分のこれからくるであろう立場で考えることぐらいか。


それにしても日本ってこういう映画少ないよね。
韓国や台湾と違って民主化されてないから、「タブーに取り組む」という気概があまりないのかな。
むしろ日本はあまりにも平和すぎて、映画にできる題材が少ないから?
いや、そんなことはないはず。
スポンサーサイト


きまま | 00:06:37 | トラックバック(2) | コメント(2)
コメント
兵役がある韓国と兵役が無い日本
作り手のみならず一般の視聴者も、映画一つ取っても見方や感想は異なるんだろうか
どちらがいいって訳じゃないけど、やっぱり違うんだろうなあ
2011-05-07 土 14:11:42 | URL | 旧polopon [編集]
違いねえ…
コメントありがとうございます。

確かに、どちらがいいという問題ではありませんね。
これでも日本で上映されてるんだよね…。日本の人の感想が聞いてみたいものです。
2011-05-09 月 00:05:20 | URL | 優西 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます
2012-11-01 Thu 16:50:29 |
-
管理人の承認後に表示されます
2012-11-01 Thu 16:50:29 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。