■プロフィール

優西

Author:優西
20代♂ 学生

東京の片隅で大学生奔走中。

東アジアが大好きで
そっちのほうによく旅行します

現在台湾の大学に留学中(2010.09-)
日々考えてることとか書きます!

何かありましたらコメント欄に
残していただければ幸いです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■読書カレンダー本棚
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
台湾的??【ニュース】「講談社と台湾出版大手、中国語電子書籍事業で合弁」
(日本版)http://www.asahi.com/business/update/0210/TKY201102100437.html
(台湾版)http://udn.com/NEWS/FINANCE/FIN9/6145398.shtml

日本の大手出版社の講談社と、台湾の出版大手城邦グループが電子出版分野における業務提携をしたそうです。
これによって、日本側は東アジアの市場に向けた中国語版電子書籍の展開を中心に、版権を獲得しながら乗り出していこうと言う形になるのでしょうか。
そして城邦はというと、台湾版のニュースから、こんなことが読み取れます。

現在城邦は電子書籍の参入に乗り出したばかりであるが、現時点で直面している最大の問題は、特に国外の漫画や小説などデジタル化することによる版権の取得が非常に難しいことであり、講談社と提携することで、初期段階では日本の漫画や小説等のデジタル化における版権の所得が可能になること、そうすることで城邦がデジタル書籍におけるコンテンツの豊富化を図ることを目論んでいる。
城邦グループ執行長の何飛鵬は、「講談社グループは傘下にデジタル化にふさわしいような多くのすばらしい出版物を有しており、またアジアの他の華人市場を視野に入れると、今後お互いの提携の範囲はかなり大きくなるだろう。」とコメントしている。
(台湾版より、優西翻訳)

台湾側の目論みを見ると、講談社が持つ豊富な出版物を糧に、電子書籍市場への参入に対する追い風として今回の提携を利用したという感があります。


――――――――――――――――――――――――――――――

個人的にはこのニュースに対して、何ら非難をするつもりもありませんが、少しだけコメントしたいと思います。
これは日本と台湾の出版社のwin-win関係による提携という感じに見えます。
講談社は、台湾大手の力を借りて、自らの商品を新たな市場に展開できる。
そして、城邦は、日本大手の版権をバネに、華人市場の先導を握ることを目論んでいる。

面白いなと思うのが、台湾の立場です。
というのも、台湾大手の会社が、国外大手の力を借りて、また違う国外の市場に展開すると言う、
まさに「taiwanal」(台湾的な)ビジネススタイルが見て取れるからです。

日本の大学に在籍していたころ、商学部のある教授が台湾についてこんなことを言っていました。
「私の友人の台湾の企業家はね、自慢げに『私達は日本でできたものをもらって中国で売る仕事をしているんです。』と話していたんですよ。」という感じに。

まあそれを考えると、香港も同じような状態になっていると言えます。というか香港はもっと金融面に偏ったやりかたで、かつ台湾よりも成功している場所なので一概には言えませんが、いずれにしろ、大きな市場をバックに控える二つの華人社会はこうしたやり方の点で似てくるのだと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、このニュースを見て、なぜ「taiwanal」だと感じたかというと、
もうひとつ歌でこれと似たようなことをしているものがあったからです。

それが、有唱有保庇 (Bo Peep) -彩樺姊 という歌。


これ実は、今東アジアで人気を上昇させつつある韓国発のアーティスト、「T-ara」の歌の「空耳」版なのです。
歌詞自体は台湾語なのですが、これがまたこの歌を非常に面白くしている。
あまりの人気にCNNでも取り上げられ、彩樺姊は一躍「台湾のビヨンセ」として取り上げられることになったそうです。

これも、上の出版事情と同じで、「国外の物を、違う国外にもっていく」という形の典型例であると思います。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――-

まあこの二つを同じ事として並列する事には問題があるかもしれませんし、
この二つだけを取り上げて「taiwanal」台湾的という言葉の意味を探っていくのはあまりにも決めつけ的な感じもするので、あくまで参考程度に、ということしかできません。

ただ、これに関してはもうちょっと深く掘り下げて面白くすることができそうなので、
がんばって本を読んだり色々見たりして、もうちょっと知見を深めてからまた挑戦したいテーマでもあります。


優西


きまま | 02:27:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
新年快樂
今日は旧暦の大晦日に当たる日(除夕)です。
台湾では12月31日よりも年越モードに突入しております。

ちなみに、今年の1月は台湾ではとても寒く、
なんと48年以来の寒さを記録したそうです。
また、台北では晴れの日が5日間のみという素晴らしき亜熱帯気候が続いています。





皆さんよいお年をお迎えください
なんて、日本の皆さんには実感わかない話かもしれませんが(笑)


優西

きまま | 14:56:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
Linkin Park "waiting for the end"



[Mike:]
This is not the end, this is not the beginning
Just a voice like a riot rocking every revision
But you listen to the tone and the violent rhythm
Though the words sound steady something empty's within them
We say yeah with fists flying up in the air
Like we're holding onto something that's invisible there
Cause we're living at the mercy of the pain and the fear
Until we dead it, forget it, let it all disappear

[Chester:]
Waiting for the end to come
Wishing I had strength to stand
This is not what I had planned
It's out of my control
Flying at the speed of light
Thoughts were spinning in my head
So many things were left unsaid
It's hard to let you go

I know what it takes to move on
I know how it feels to lie
All I want to do
Is trade this life for something new
Holding on to what I haven't got

Sitting in an empty room
Trying to forget the past
This was never meant to last
I wish it wasn't so

I know what it takes to move on
I know how it feels to lie
All I want to do
Is trade this life for something new
Holding on to what I haven't got

[Mike:]
What was left when that fire was gone
I thought it felt right but that right was wrong
All caught up in the eye of the storm
And trying to figure out what it's like moving on
And I don't even know what kind of things I said
My mouth kept moving and my mind went dead
So I'm picking up the pieces, now where to begin
The hardest part of ending is starting again

[Chester(till end):]
All I want to do
Is trade this life for something new
Holding on to what I haven't got
I'm holding on to what I haven't got
I'm holding on to what I haven't got

[Mike:]
This is not the end, this is not the beginning
Just a voice like a riot rocking every revision
But you listen to the tone and the violent rhythm
Though the words sound steady something empty's within them
We say yeah with fists flying up in the air
Like we're holding onto something that's invisible there
Cause we're living at the mercy of the pain and the fear
Until we dead it, forget it let it all disappear

-------------------------
I've been with them since I was 12
as we can see from their songs, their rhythms, lyrics, and philosophy have changed significantly.
perhaps someone accentuates his assertion that "this is so terrible",
but for us, changing is a compulsory, either a right.
there is no starts, neither ends. Now is the time of both the start and the end.
this song's title is both rhetorical and witty, and represents what they are.

きまま | 03:33:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学四年間の軌跡。
最近は留学中といえども、
非常に何にもない、逆にいえばのんびりした日が続いております。

すでに留学生活が半分を終え、何かと感慨にふけるような感じです。
ということでここ最近、なにかとセンチメンタルな感情がこみあげて来て仕方ないので、久しぶりに自分の事についてつらつら書きたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
僕は現在大学四年。今は留学中の身ではありますが、
この冬学期が終了した時点で、いわゆる「大学生活四年間」というものが無事に終了しました。
といっても別になにか生活の大きな変化が起きるわけでもなく、かといって意識が変わるわけでもなく、ただ単に節目として迎えたという形ですが…。
台湾での一学期が終了したので、僕の実質的な「大学生活四年間」は終わりというわけです。

まあ、留学した関係で僕は五年生をしなければならないわけで、
別に卒業をするというわけではありません。
では何でこんな区切りをつけているかと言えば、
自分のけじめみたいなものでしょう。

個人的な事情になりますが、僕は現時点で大学院に進学する予定で、
それもだいぶ以前から決まっていたことなので、
実質的には、学生としての生活はまだまだこれからも続くわけですが、
留学期間と留学終了後の残りの半年はいろんな意味での「大学院生になるための準備期間」という風に自分の中で心構えていたので、
これからの一年間は、気持では「浪人生」としてやっていくつもりです。


ということで、まあ4年間をつらつらと振り返ってみるわけです。
4年という時間は
人を変える(腐らせる)には十分な時間であり、
いろんなことを経験するにはまあまあな時間であり、
またまっとうに専門的な知識を得るにはまったくもって足りない時間であり…

大学入学以前には自分がこうして留学している事は考えてもいませんでした。
ましてや台湾などに…。
4年前の僕がもし仮に今の自分の状態を知ったとしたならば、
どこをどう間違えたらこうなるんだろう(笑)と、
問いたくなるのも不自然ではないんじゃないかな~と思いますww

正直に言うと、自分の大学生活に仮に得点を付けるとするならば、
思いっきり不合格です。むしろ落第です。
ここにきて、
「あの時にちゃんとあれをしておけばよかったな」と思うことが多々あります。

もっときちんと言語を勉強しておけばよかったな。
もっといろんな人と知り合いになっておけばよかったな。
もっといろんなところに行って、いろんなことを感じていればよかったな。
もっときちんと運動していればよかったな。
もっといろんな本を読んでおけばよかったな。

でも、それらの感情というのは
自分の潜在的な「理想の自分」を求める欲求から来ているのであって、
今の状態が完全悪だと言うわけではありません。

だからこそ、プラスの面もあります。
4年間を経て、知っている世界が二層・三層と広くなったような気がします。
使える言語が増えたような気がします。

----------------------------------------
そして振り返って、じゃあこれからはどうなるんだろうとたまに考えます。
もちろん「理想の自分」はあるので、
それに向かって生涯細々とやっていこうかなと考えています。


ここにきて思い出すのが、8月の時にある友人と話した一つの話。
それは同じ台湾に興味を持つ友人で、僕の大学生活の一部分で、ともに成長してきた(と思う(笑))友人との会話。

「俺たち四年間って考えると、こうやって台湾に興味を持ったおかげで、言語も一つ増えたし、また世界も一つ分かったと思う。人生のたった四年間でそれができたんだから、これからの人生を60年くらいとしても、あと15回はこういうことができる。そうやって考えると人生がたまらなく楽しくなってくるね。」
まあ冗談も踏まえながら、「あと15ヶ国語勉強しようぜ!」(笑)みたいなことも交えてゲラゲラと話していたのですが、今でも印象に残っています。

あと、もうひとつ。以前このブログでも紹介した事がありますが、
台湾の80歳のおばあちゃんが、図書館で僕の隣で本を読みながら、僕につぶやいた一言があります。
「私はね、あなたの4倍生きてるのよ。面白いでしょう。」

彼女は一体どれくらいの事を知っているんだろう。
それを考え始めた瞬間、何か自分の中で、
このおばあちゃんがとてつもないエネルギーを有している!
的な良く分からないことを感じるようになってしまったわけですが(笑)

いずれにしても、このおばあちゃんの言葉と一つ目の言葉と対比させると、
これからの60年間がたまらなく楽しくなってきます。


個人的には、知的探求というものに身分もその質も関係ないと思っています。
ですので、たとえ僕が学生をやめたとしても、考えることはやめないでしょう。
身分的には、社会人も学生も僕の中では何ら大差ないと思うわけです。
そういう身分に関係なく、
考えるのをやめたらそこで僕の人生はおしまいだというのが、
恐縮ですが僕の信条であり信念です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

まあこのあたりが自分がいわゆる「大学生活四年間」を終えて思うことです。


という、まあ何ともまとまらない内容になってしまいましたが、これからもこんなしょうもない優西をどうぞよろしくお願いします。


優西

きまま | 03:30:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
大学の疲弊もここから来てるんじゃないでしょうか
http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2011/01/post-270.php

非常に鋭い指摘だと思います。
新卒生が、自分のやりたいこととは別に、「大手企業に入れるのなら、どこでもいい」という需要と供給のミスマッチという点には、大学生としての僕なりの視点からなんとなくわかりますが、解雇という点からさらに企業の視点を取り入れ、就活システムの問題点を指摘しているところが非常に面白いと思います。


視点を大学に移します。
留学している身として、海外の状況、特に留学生を見てひしひしとわかることは、確実に日本人学生よりも台湾人学生や韓国人学生の方が優秀だと言うことです。大学での経験がそのまま企業の採用につながってくるので、否応なしに努力せざるを得ない。国際競争力の低下だとか良く言いますが、まあここからきていると言ってもいいのではないでしょうか?

大学の先生も飲み会の席でつぶやいていたことですが、
「企業は大学三年生の夏から就職活動を要求する。大学三年生から四年生にかけての時間は、大学生の中での専門性を深める中でとても重要な時間だと言うのに、学生のリスクを考えてしまうと、どうしても大学教育の面よりも就活支援を重視してしまわざるを得ない状況にある。」


そして、この前台湾人で日本語を勉強している学生にも質問されました。
「優西さん。どうして日本の雇用は新卒一括採用なんですか?そしてそれはどうして一年前の4月に一斉に始まるのですか?私は日本で働きたいと思っているのに、この採用方式では私はどうにも日本の企業の採用試験を受ける以前に、何もできません。」
こうして意欲の高い外国人留学生も見落としているのですよ、日本企業は。(まあ最近はその状況も徐々に改善されつつあると聞きました)


まあ、僕にとってはどうでもいい話ですが…。


優西

きまま | 14:10:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。